卒業生メッセージ

Kun-ei OG’s Story 01

女子校だから、薫英だからこそ今の私がいます!!

大阪府立大学 合格

川崎 ちなみさん

2018年卒業 S特進コース
大阪府立大学 現代システム科学域
環境システム学類

もともと女子校進学を考えており、薫英の卒業生である母の話や塾の先生からの薦めもあって入学を決めました。「女同時=ギスギスしている」というイメージから女子校に抵抗がある人もいると思います。でも私は6年間薫英で過ごして、この学校を選んで良かったと心から思います。内気な殻を破って自分を出すことで、友達や先生との距離も近く、深く関わることができました。また、行事準備なども自分たちで行うのでたくましくなり、自立できた気がします。現在は、ボランティア活動などに積極的に参加して多くの人々との関わりの中で自分の視野を広げています。将来的にも人と関わる仕事に就きたいと思っています。

Kun-ei OG’s Story 02

先生のサポートと助け合いの文化。薫英の雑草魂が私の源です。

国立東京外国語大学
→トヨタ自動車株式会社

服部 倫子さん

2012年卒業 S国際コース
東京外国語大学言語文化学部
言語文化学科モンゴル語専攻

英語好きの祖父の影響で小さな頃から英語に対する漠然とした憧れがありました。だから中学進学の際に、家から近く身近な存在で、留学コースもある薫英に入学を決めました。今思えば薫英のおかげで粘り強く挑戦し続ける雑草魂が鍛えられたと感じます。留学も受験も学校行事も、学生なりに様々な壁にぶち当たりましたが、先生方や同級生の皆と支え合いながら乗り越えた経験が今の私をつくっていると思います。職場では、トヨタ自動車調達部にて部品の仕入れ・発注業務をしており、利害が衝突して交渉が難航することもあるのですが、雑草魂を発揮して根気よく向き合うことで仕事を前に進めています。

Kun-ei OG’s Story 03

「一生の仲間」「高校での学習」薫英がくれた大切な宝物です。

奈良女子大学 国立大学合格

清原 聡子さん

2018年卒業 文理特進コース
奈良女子大学 文学部 人文社会学科

姉が薫英生でしたので、入学前から学校の話をよく聞いていて自然と私も薫英入学を目指すようになりました。実際に3年間過ごして感じた学校の魅力は何と言ってもアットホームな雰囲気です。先生方がとても親身になってくれ、生徒と一緒になって自分のことのように喜んだり悩んだりしてくれる姿が印象に残っています。現在は大学1回生なので教養や語学の勉強を主としながら、産学連携の企業とコラボ企画や保護者説明会での登壇などにも積極的に取り組んでいます。大学での時間を有意義に使い、興味がわいたものはどんどん挑戦していきたいです。

Kun-ei OG’s Story 04

勉強も行事も常に全力。薫英スピリットが根付いています。

関西学院大学
→楽天株式会社

長谷川 優衣さん

2013年卒業 SEコース
関西学院大学 総合政策学部 国際政策学科卒業
楽天株式会社 勤務

今振り返れば、薫英での日々がその後の私の人生の道標になりました。一般の高校生は好きなことや部活動に意識が向くかと思いますが、薫英の国際科の生徒は2年次に留学へ行くという大きな目標を抱えています。留学前に英語に対しての意識をいかに強化していくか、そして英検の取得、留学のサポート体制、帰国後の進路面談など現在の私があるのは、高校時代のこの経験のおかげだと実感しています。先生はもちろん、共に励まし合い、刺激し合える仲間の存在も大きいです。薫英で出会えた友達は、家族のような一生の仲間です。

Kun-ei OG’s Story 05

多くの国や文化を見て、やりたいことを見つけられた。

上智大学 合格

東京急行電鉄株式会社 宅間 彩さん

2012年卒 国際科 SAコース
上智大学 外国語学部 英語学科

現在は何をされていますか?

東京の鉄道会社に勤務し、沿線の都市開発に携わっています。今は担当する商業施設の翌月の開業に向けてやるべき業務を遂行する日々です。

薫英で身についたこと

薫英で身につけた、「常に高みを目指して努力する姿勢」が、今の自分を形成していると思います。当時、周囲の仲間と切磋琢磨し、先生方から熱心なサポートをいただき、周囲に助けられながら無我夢中で英語を究め、目標を達成した成功体験は自信へとつながりました。目標を高く設定して最大限努力する姿勢は、今の仕事にも活かされています。

薫英で心に残っている瞬間

高校1年生の文化祭。クラス全員で創作ダンスを披露しました。振付や構成、衣装まで手作りで、毎日早朝と夕方に必死で練習を重ねました。学校行事にも本気で取り組んだ薫英での生活は日々とても充実していて、卒業から6年経った今でも鮮明に残っています。

今この瞬間、目指すもの

薫英でのニュージーランドへの1年留学、そして大学時代にベトナム、カンボジア、タイなどアジア各国を旅した経験から、客観的に日本の姿を見つめ直し、多くの日本の魅力に気づかされました。その魅力を「街づくり」を通じて世界に発信したいと思っています。

Kun-ei OG’s Story 06

仲間と共にたくさんの経験をして、達成感を覚えた!

京都教育大学 合格

粟井 優花さん

2017年卒 普通科 英語進学コース
京都教育大学 教育学部
発達障害教育専攻

現在は何をされていますか?

京都教育大学へ入学し、教員を志しながら各教科の指導方法や子供の発達について学び、子供との関わり方などについて知識を深めています。

薫英で身についたこと

薫英での行事を通じて、全力で取り組む充実感を覚えました。体育祭や文化祭をはじめ、どの行事もみんなで一生懸命練習しなければいけないものばかりで、大変な思いもしました。しかし、何かに熱中して努力することが、結果的に自分の成長につながり、思い出にも残るのだとわかりました。「やるからには楽しく本気で!」これは、いまも心がけています。

薫英で心に残っている瞬間

もともと英語が好きで短期研修に憧れもあって入学したので、高2の夏に行った5週間のニュージーランド留学が思い出深いです。初めての海外でワクワクしていたのですが、現地の学校に通い、日本にいるだけでは味わえない濃い時間を過ごし、良い経験になりました。

今この瞬間、目指すもの

現在の大学は薫英の先生から薦められ、推薦入試で入りました。その際に、面接や小論文など細かく丁寧に指導していただいたことに、とても感謝しています。今は、小学校教諭・特別支援・幼稚園の先生の免許取得を目標とし、そのために日々頑張っています。

Kun-ei OG’s Story 07

仕事で海外に住むために、ビジネス英語を猛勉強中です!

神戸大学 合格

王子マネジメントオフィス株式会社 勤務 吉田 真生さん

国際科コース卒
神戸大学 国際文化学部 国際文化学科

薫英で心に残っている瞬間

毎年クラスが一気にまとまる体育祭が思い出深いです。特に高2の時はそれまでバラバラだったクラスが優勝し、卒業後の今でも集まるほど仲良くなりました。行事も勉強も皆で一緒にする薫英での経験から、何事も人と助け合って頑張れるようになったと感じます。

今この瞬間、目指すもの

薫英時代から海外への関心が強く、二度の留学経験を経て、海外に住む仕事に就きたいと決めました。私が興味のあるアジアとオセアニア方面への進出を力に入れている会社なので、今から楽しみです。

Kun-ei OG’s Story 08

大阪医科大学 合格

大阪医科大学付属病院 勤務 中山 さゆりさん

国際2類コース卒
大阪医科大学 医学部 医学科

薫英で心に残っている瞬間

やはり1年間の留学経験ですね。留学で得られたものは英語力だけではありません。違う文化圏で生活していく大変さと、その中で感じた周囲の人々のあたたかさが私の視野を広げてくれました。そして何より、家族・友人の有り難みを強く感じることができました。

今この瞬間、目指すもの

大阪医科大学付属病院で仕事を始めて4年経ちます。救急医療の現場に携わることが多く、緊迫した状況でも的確な判断ができるよう一つ一つ学んでいこうと思います。チームワークも要求されますが、そのあたりは薫英のクラスでの取り組みや努力が活かされています。

Kun-ei OG’s Story 09

関西学院大学 合格

全日本空輸株式会社(ANA)勤務 岩根 叶絵さん

S国際コース卒
関西学院大学 教育学部 幼児教育コース

薫英で心に残っている瞬間

人と人との距離の近さが魅力の薫英。海外留学中、不安で挫けそうな時に「どんな環境でも、楽しめばきっと大丈夫」と言ってくれた先生の言葉に元気をもらい、最後まで楽しく学習することができました!親身になってくれる先生や先輩の存在にいつも助けられました。

今この瞬間、目指すもの

全日空で客室乗務員として働いています。薫英での留学経験が自分を後押しする形となり、現在の仕事を選ぶ決め手になりました。今はビジネスクラスで働く先輩の姿に憧れ、自分も同じフィールドで質の高いサービスを提供できるようになることを目標に頑張っています。