• 2018/02/9日
  • 中学校

中学では、命や人権について、深く学習を進めています。

その中の一環として、2月9日(金)、人権作文コンクールが行われました。

毎年恒例の行事です。

5人の入賞者たちは、緊張しながらも立派に作文を読みあげ、大きな拍手をもらっていました。

聞く側の生徒達も、友達の考え・主張に一心に耳を傾け、それぞれに考えていました。

次に5人の作文のタイトルを記します。

 

・自分を変えたい

・人は一人ひとり違っていてあたり前

・お互いを認めあうこと

・一日を精いっぱい生きることの大切さ

・言葉の伝え方