高等学校

自分も周りも学校も「好き」になる

薫英メソッド「好き」が見つかる教育プロセス

「KUN+EI教育」が目指すのは、自分の「好き」を見つけた生徒一人ひとりが夢を叶え、卒業後も笑顔で人生を過ごしていけることです。
さまざまな取り組みが融合して、未来の糧となる「熱中力」を育む、薫英ならではの教育プロセスを「薫英メソッド」と呼んでいます。

薫英での学び
薫英での学び
自分の「好き」を見つけ、未来へ羽ばたく
合言葉は、ひとりで勉強しない

薫英CLCommunication Learning

薫英CL

生徒同士で学び合う、
新しい世界のトビラを開く、
双方向の薫英CL

先生の授業を一方的に聞いて学ぶのではなく、同じクラスの仲間や同じ目的を持つ仲間との「会話」を大切にしながら学習を深めていきます。設定したテーマや問題について語り合いながら、解決へと導いていく学習スタイルが「薫英C L 」です。自分で考えるから、一緒に考えるから、進学後や社会に出てからのチカラが備わります。

「教えてもらう」だけじゃない、主体的に「学ぶ」ための手法
双方向型授業

生徒の様々な発言を取り入れながら授業は進みます。生徒は主体的に授業に参加し、先生は活気ある授業を展開するとともに、生徒の聞く力や伝える力を鍛えます。そのことが授業の質を高め、コミュニケーション力を高めることにつながります。

ディベート

肯定と否定の2組に分かれて、相手との議論を通して、意見を主張する力、意見を伝え、他者の意思などを理解する力を養います。

グループワーク

グループに分かれ、課題に沿ったディスカッションをした上で最終的な結論を発表します。その過程において、自主性、協調性をもって課題に取り組み、自分の意見を伝える力を身につけるとともに、グループとしての意思決定をする力を身につけます。

スキット活用

ある場面で使う英語の会話等の台本をもとに、スキット(寸劇)を演じることで、生徒の発話量が増え、「話す力」が向上します。セリフを考える作業から「書く力」が向上し、会話をすることで「聞く力」も向上します。

伸びる英語4技能

英語の読解や文法に加え、リスニングやスピーチなどを多角的に学ぶことで、習得段階に応じて「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の能力がバランスよく伸びます。

リアルな英語

4名以上のネイティヴ先生が常駐し、実践的な授業を行います。授業以外でも生の英語に触れる機会がたくさんあり、疑問に思うことはすぐに質問できます。

薫英手帳

薫英手帳 (進学・学習サポート)で紹介しています。

Knowledge(知識)
テーマについての知識を深める
Understanding(理解)
ディベートの方法を理解する
Nature(本質)
ディベート本来の目的を捉える
+
Experience(体験)
発表の場で実際に言葉にする
Interest(興味関心)
テーマについてより深い興味が湧く
自分の「好き」と、もっと向き合う

薫英ICTInformation and Communication Technology

ICT学習

ICT学習

「調べる」「 深める」「 共有する」 薫英のICT学習

パソコン、タブレット、スマートフォンの使用と活用が当たり前になった時代。教育現場にも、ICT(情報通信技術)を導入した“新しい学び方”が当たり前になっています。薫英が目指すのは、「ICT教育」ではなく「ICT学習」。便利な端末や技術を実際に使って学ぶ生徒が主体となる「学びの場」を創出します。

「好き」が育つ、もっと「好き」になる。

「好き」が育つ、もっと「好き」になる。

薫英のICT学習は、ただ便利な機材を使って学ぶことではありません。自分自身の「好き」が見つかった時、授業中に興味を持った何かが見つかった時、熱中して知識を深め、それをどんどん「好き」になるための手段としています。そして、その学びや知識をみんなと共有したり、全体に発表する場面で大いに役立ちます。自分の「好き」の幅を広げるために、ICT学習を積極的に取り入れています。

Knowledge(知識)
一斉学習による教材提示
インターネットによる情報検索・収集
Understanding(理解)
自分の習熟に応じた個別学習展開
Nature(本質)
自分がわかるまで自分で学習
+
Experience(体験)
協働学習を通して複数の意見・考えを整理
Interest(興味関心)
21世紀型スキルへの興味・探求
自分を変える、世界が広がる、「薫英留学」へ出発する

薫英留学Study abroad

英語教育が魅力の薫英には、1988年から始まった1年間の留学制度があります。これまでに延べ4,400人以上の生徒が留学を経験し、グローバル社会で活躍するチカラを身につけてきました。異文化圏の生活の中で英語でのコミュニケーション能力を高め、1人の女性としても成長します。

Knowledge(知識)
単語や熟語の基礎力をつける
Understanding(理解)
英語で「なにを言ってるのか」が分かる
Nature(本質)
海外の文化や習慣を学ぶ
+
Experience(体験)
実際に海外の現地の人と交流する
Interest(興味関心)
日本文化との違いを実感する
カナダ
ニュージーランド
出発から帰国まで“ずっと安心”できる
充実の「サポート体制」

薫英の留学プログラムは、初めて海外で生活し、現地の学校に通う生徒の「安心」を叶えるサポート体制が充実しています。経験豊かなホストファミリー、直接提携する50以上の姉妹校への派遣、現地に滞在している日本人女性アドバイザーとの連携など、日本の担任と相互連携が取れる体制を築いています。

薫英留学
オンライン研修

出発前、本校専属の現地日本人アドバイザーによる
オンライン研修を実施(2020年度)

姉妹港の先生が来日

2021年も薫英は長期留学を実施しています。
ホストファミリーに囲まれて、
カナダの文化を体験中!

留学ノート
海外で学んだ証「留学ノート」

この「真っ赤なノート」は、薫英の歴代留学経験者の記憶に必ず残っているアイテム。
青春時代の1年間を、海外の学校で“生の英語“に触れて学んだ記憶が詰まっています。

4,400人以上が海を渡った、伝統の「薫英留学」
かけがえのない経験が自信になる
CASE 01
長期留学
滞在先:ニュージーランドorカナダ
滞在期間:約1年 対象学年:高1~高2

国際科の「国際特進コース」と「国際進学コース」の生徒は、高校1年次の3学期から約1年間、長期海外留学に向かいます。

CASE 02
短期留学
滞在先:ニュージーランド
滞在期間:約5週間 対象学年:高2

「英語進学コース」の生徒は、希望制で高校2年次の夏にニュージーランドへ約5週間の短期海外留学へ行くことが可能です。

留学体験談

住み慣れた日本から旅立ち、親や友達から離れて過ごす海外での留学生活。
滞在期間の長期・短期を問わず、英語力UPや将来の糧になる貴重な経験が必ず得られます。

VOICE 01
土砂子 陽さん 国際科

英語力に大きな自信、出会いは大きな財産

砂子 陽さん 国際科
滞在先:カナダ 期間:1年間

言語の壁を越えて世界を飛びまわるCAになる将来の夢に一歩でも近づくために、留学しました。最初は英語も聴き取れず、「Thank you」などしか話せませんでしたが、帰国前には言いたいことを自然に言えるようになりました。カナダでのホストファミリーとの生活はとても楽しく、家族と過ごした毎日がとてもいい思い出です。英語力が向上したことは大きな自信となり、ホストファミリーと出会えたことが大きな財産となりました。ホストファミリーとは、今でも連絡を取り合っています。

VOICE 02
浅井 満優さん 国際科

NZの親切な人たち、美しい自然に囲まれて

浅井 満優さん 国際科
滞在先:ニュージーランド 期間:1年間

オープンキャンパスでの先輩方の姿を見て、「薫英に来て留学しよう」と決めました。最初は、自分の話した英語を現地の友だちに聞き返されたりして落ち込むこともありました。それでも、ホストシスターと毎日会話を続けてきたことで、半年経った頃から徐々に英語が話せて伝わるようになりました。NZの人たちは親切で、自然も多く、授業の一環で氷河や氷山を実際に生で見たことは今でも印象的です。便利な生活ができて、親のいる日本を離れ、両方の国のいいところが知れたことで、精神的にも成長しました。

今より輝く私を目指す

Kun-ei検English qualification

英検の取り組み
高校卒業時、95%の生徒が
「英検準2級」に合格
(2020年度実績)
Point 01

リアルな英語に触れる
ネイティヴ教員の授業を展開

Point 02

30年以上続く留学プログラムで
英語漬けの環境を経験

英検の取り組み

薫英には、毎日の授業はもちろんのこと、ネイティヴ教員による少人数制のオーラル授業で英語を本格的に学べます。
また、30年以上続く留学プログラムにも力を入れており、英語漬けの環境の中で実践的な英語力を高めることが可能です。
成績の向上だけではなく、英検合格・TOEICのスコアUPなどの力が身につきます。

Knowledge(知識)
単語や熟語の基礎力をつける
Understanding(理解)
文章の理解力を上げる
Nature(本質)
問題への対応力をつける
+
Experience(体験)
過去問を繰り返して合格率UP
Interest(興味関心)
試験を重ねて次の目標を定める
英検3級以上の取得率
英検1級合格
セキララトーク
大原 春奈さん
国際科大原 春奈さん
辻田 羽菜さん
国際科辻田 羽菜さん
「英語は日本語と同じ会話の手段だから、
「好き」とか「嫌い」とかはありません。」
01薫英を受験したきっかけは?
大原
お母さんに「これから英語が必要になるから、いろいろな経験ができる留学に行ってほしい」と言われたのがきっかけです。
辻田
お母さんなんだ。私は、留学できることはもちろんだけど、「中高一貫で高校受験がないからいいんじゃないか」と塾の先生にすすめられたからでした。
02ニュージーランドの留学で得たものは?
辻田
英語の面では「スピーキング」の力がつきました。TVのニュースなど、生活の中で新しい単語などを聞いて、自然に使えるようになっていましたね。
大原
すごいシャイだったけど、殻が破れて社交的になりました!あと、英語を聞く力が上がったことが一番の成果で、英検一級のリスニングにも役に立ちました。
03英検取得の取り組みで頑張ったことは?
大原
単語が苦手だったので、過去問で分からなかった箇所の復習をたくさんしました。ひたすら復習って感じです。
辻田
わかる!!やっぱり単語が一番大変。英検一級って、政治的な問題とか専門用語ばかりでてくるので、単語力が試されますから。
04薫英の英検の取り組みでためになった点は?
大原
二次面接対策は本当に助かりました。ネイティヴの先生が1対1で毎朝やってくれて、的確なアドバイスをもらえました。どこが良くてどこが悪いのかを評価してくれたことで、自信にもつながりましたね。
辻田
私は学校の取り組みは受けずに、自分で勉強してきました。ただ、友達から「単語リレー」がすごく役に立ったとよく聞きました。
05英語は好きですか?
大原
小学校の頃は無関心でしたけど、中2の頃から英語の成績が良くなってきて、「もしかして、英語が得意なんかな」って思えるようになりました。ただ、好きか?と聞かれたら…(笑)
辻田
言いたいことは分かるよ(笑)もう、好きとか嫌いでは捉えてなくて、日本語と同じ会話のツールだと思っています。意思疎通としての手段だと思ってからは、なんの抵抗もなく、英語を受け入れることができました。
06薫英の「いいところ」は?
辻田
先生と生徒の距離が近いところですね。心配ごとや悩んでることがあったら、すぐに相談しています。
大原
私も先生にすぐ相談します。わからない問題とか毎日の授業の学習面も気軽に聞きに行けることは、薫英の一番いいところです。
19年連続英検1級合格
19年連続英検1級合格
大学受験にも有利な
英検の取り組み

英語4技能をさらに強化するため、学校行事の一環として外部検定への取り組みを実施しています。生徒それぞれの目標を設定し、みんなで一丸となって英検対策講座を行うことで、圧倒的な語彙力を身につけることができます。大学受験などの目指す到達点と課題を明確にしながら、検定試験に向けた対策を講じています。

自分の「好き」を見つける、薫英の7つのコース

コース紹介Course Information

薫英のコースはぜんぶで7つ。

それぞれの目指す未来を見据えて、卒業後の笑顔の自分を夢見て、一人ひとりに合った「好き」を見つけるコースを選んでください。
幅広い進路選択にも対応した薫英での学びが礎となり、多くのOGが社会で広く活躍しています。

コース紹介
多彩な7つのコース

国公立大、最難関・難関私立大などの4年制大学から専門学校まで、幅広い進路実現が可能なカリキュラムと独自の学習法が薫英らしさです。
生徒の「自分らしさ」を伸ばす7つの多彩なコースを用意しています。

国際科

国際特進コース
高いレベルの英語力を身につけ世界に羽ばたきたい!

「聞いて話せる」を超えた高いレベルの英語力を身につけ、全員がニュージーランド、またはカナダへ1年間留学。主要5教科を学び、英検1級・準1級の取得にも挑戦します。

  • 1年次

    主要5教科を学習し、英検2級を目指す

  • 2年次

    長期留学&英検1級・準1級を目指す

  • 3年次

    国公立大、最難関・難関私立大を受験

国際進学コース
自信を持って堂々と話せる英会話力を身につけたい!

基礎英語力を習得し、ニュージーランド、またはカナダで1年間の留学期間を過ごします。「聞いて話せる」英語力を身につけ、自分の自信につなげます。

  • 1年次

    主要教科の学習と留学への英語の基礎学習

  • 2年次

    長期留学&英検準1級・2級を目指す

  • 3年次

    国公立大、難関私立大を受験

普通科

文理特進コース
国公立大や最難関・難関私立大に進学したい!

主要5教科をベースにしたカリキュラム編成で、高い学力を要請する独自の学習講座を開講しています。国公立大や最難関・難関私立大の合格が目標です。

  • 1年次

    密度の濃い主要5教科の学習

  • 2年次

    文系・理系を選択して進学準備

  • 3年次

    国公立大、最難関・難関私立大を受験

英語進学コース
基礎から確かな英語力を身につけたい!

日本にいながら、実践的な英語に触れる機会が他のコースよりも多く、ネイティヴ教員による授業などで異文化への理解を深めます。希望制でニュージーランドへの短期留学も可能です。

  • 1年次

    ネイティヴ教員による授業展開

  • 2年次

    英検準1級・2級を目指す、ニュージーランド短期留学(希望制)

  • 3年次

    難関私立大の語学・文系学部の受験、私立大の看護系学部にも対応

文理進学コース
可能性無限大、勉強も学校生活も充実させ、大きく成長したい!

各教科をしっかり基礎から学び、3年次の受験科目や将来の夢を見据えて、2年次に文系、理系を選択。一歩ずつ力をつけ、自分の可能性を広げます。

  • 1年次

    各教科を基礎からしっかり学ぶ

  • 2年次

    文系・理系を選択して進学準備

  • 3年次

    難関私立大及び医療・看護系を受験

総合進学・保育進学コース
楽しい学校生活や高大連携での学びから将来を見つけたい!

併設の大阪人間科学大学との連携講座などで学びを広め、進路選択にも役立てます。さらに、きめ細やかな補修や長期休暇中の講習などにより、基礎学力の向上に柔軟に対応。行事やクラブ活動との両立もできます。

  • 1年次

    基礎力の養成・大学との連携講座

  • 2年次

    高大連携による幼児教育の先行学習(選択制)、英検や漢検などに挑戦

  • 3年次

    文系私立大や希望進路先への受験

スポーツ・特技コース
自分の得意や才能を進路に活かしたい!

体育・文化・芸術などの得意分野を最大限に伸ばす教育を展開。学校生活を通じて豊かな人間性を育み、一人ひとりの才能や可能性をさらに高めます。

  • 1年次

    豊かな人間性と才能を育む

  • 2年次

    さらなる技能の向上を図る

  • 3年次

    それぞれの希望に応じた進路実現

前を向いて卒業後も突き進む

進学実績Achievements

国公立大学や難関私立大学への希望進路の実現

薫英では、国公立大学や早慶上智・関関同立などの難関私立大学をはじめ、歯・薬・看護系や外国語系大学に至るまで、幅広い進路実現を果たしています。
大学・短期大学・専門学校250校・約920名の指定校推薦枠をはじめ、併設校(大阪人間科学大学)への内部推薦制度も充実しており、一人ひとりの希望進路を実現しています。

国立大学6
神戸大学 信州大学
滋賀県立大学 京都府立大学
大阪市立大学 北九州市立大学
関東難関私立大学7
上智大学4 国際基督教大学1
明治大学1 立教大学1
関関同立80
関西大学20 関西学院大学26
同志社大学6 立命館大学28
産近甲龍111
京都産業大学18 近畿大学63
甲南大学2 龍谷大学28
外国語大学80
京都外国語大学33 関西外国語大学47
4年制女子大学35
京都女子大学9 同志社女子大学9
神戸女学院大学7 武庫川女子大学10
指定校推薦枠一覧(2021年度入試)
関関同立
関西大学13
法学部/文学部/経済学部/商学部/社会学部/政策創造学部/総合情報学部/外国語学部/人間健康学部/社会安全学部
関西学院大学4
文学部/法学部/総合政策学部
同志社大学3
グローバル・コミュニケーション学部/経済学部
立命館大学/立命館アジア太平洋大学8
産業社会学部/国際関係学部/経営学部/政策科学部/経済学部/理工学部/アジア太平洋(APS)学部/国際経営(APM)学部
関西
近畿大学12
法学部/経済学部/経営学部/国際学部/農学部/生物理工学部
甲南大学2
文学部/マネジメント創造学部
龍谷大学1
先端理工学部
摂南大学5
外国語学部/経済学部/経営学部/看護学部/農学部
追手門学院大学14
経済学部/経営学部/社会学部/心理学部/国際教養学部
関東
上智大学3
法学部/外国語学部/理工学部
明治大学1
法学部
立教大学1
経済学部
外国語大学・女子大学
京都外国語大学13
関西外国語大学3
同志社女子大学4
京都女子大学4
武庫川女子大学4
神戸女学院大学4
甲南女子大学3
その他大学
歯・薬・看護系計67
その他 約750
自分の未来のために、寄り添ってくれる嬉しさ

進学・学習サポートSupports

進学・学習サポート
3年間のキャリア教育と教師陣のサポート

薫英の高い進路満足度の秘密は、3年間を通して行われるキャリア教育と将来を見据えたベストな進路選択を見守る教師陣のサポートにあります。
日々の学校生活の中で礎を築き、幅広い分野で活躍する数多くの卒業生を毎年輩出しています。

大学進学ゼミ
外部講師による講義でレベルアップ
大学進学ゼミ

高い学力を養成するために、外部講師によるハイレベルな講義を実施しています。本校教員と外部講師がタッグを組んで作り出したシステムは、友達の一生懸命な姿が刺激となり、一人ひとりのレベルアップにつながる内容です。

大学進学ゼミ
知識を使いこなす力を身につける
Jトレーニング

大学受験に打ち勝つためには、ただ勉強するのではなく、学んだ知識や解法を「使いこなす力」がポイントになります。応用力を身につけることを目的とした少人数制のJトレは、放課後や長期休暇期間に実施しています。

豊富で心づよい
さまざまな進路サポート

夢に近づき、歩みたい道を進めるよう、
多彩な進路サポートを用意しています。

春期・夏期・冬期講習

春期・夏期・冬期の期間中には、入試を見据えた発展的な学習を各コースごとに行い、学力向上を図ります。

各種検定講習

英語検定・漢字検定・数学検定など各種検定の「合格」を目指し、自信を持って検定に挑むための特別講習を行います。

薫英手帳
なりたい自分に近づく“書き込み習慣”
薫英手帳

生徒一人ひとりに、毎年1冊の手帳を配布しています。毎日の学習時間の記録、その日その時に感じたことを書き込み、担任の先生と共有します。日々の積み重ね、自分自身の成長が手にとるように分かるツールです。

「好き」が見つかった、薫英での3年間

OG紹介Senior Voice

友達も先生も特別な存在
人のつながりを大切にする薫英
進学先 立命館大学 国際関係学部 国際関係学科
吉田 美咲さん
2017年卒業(現:国際科 国際特進コース)

中学2年生の時、留学前と留学後で“ 英語力がどれだけ伸びたか” のインタビュー動画を観て薫英を知りました。初めて動画を見た時に、「こんな風に英語を話せるようになりたい!」と強く思ったのが志望動機です。入学前は、女子校に対して怖いイメージを持っていました。しかし、毎日友達と一緒に講義や小テストなどの勉強をすることができ、悩みも共有しながら学ぶことができたので、楽しい学校生活を送ることができました。英検学習においても、学校で筆記試験から面接試験までしっかり対策があります。「一人で勉強しない」というモットーのもと、友達と一緒に勉強を頑張れる環境がしっかりと整っている学校です。高3になっても、受験に向けての学習制度があり、その手厚いサポートのお陰で大学受験も合格することができました。薫英で学んだ“何事にも妥協せずに取り組む姿勢”は、私にとって大きな学びのひとつです。

大学では、フィリピンの漁村に年2回出向き、ホームステイを通して現地の方との交流をメインに行っている「国際交流団体BEPPINE」というサークルに入っていました。すべて自分達で考えて行動するサークル活動だからこそ、学校生活のかなりの時間を費やしましたが、とても充実した毎日を送ることができました。最後に、「薫英とは?」と聞かれたら、私は迷わず「人」と答えます。いろいろな経験を一緒にできた友達は特別な存在となり、先生方もいつも近くにいてくれます。そんな、とても相談しやすい環境が薫英にはあります。

責任感がみについたクラスのまとめ役
私の今があるのは薫英のおかげ
就職先 エン・ジャパン株式会社
岡村 真弥さん
2015年卒業(現:普通科 英語進学コース)
関西大学 商学部 国際ビジネスコミュニケーションコース 卒業

行事に全力で取り組むこと。私はそれが、薫英の一番の特徴だと思います。決めごとをする場面ではクラスの意見が割れることもあり、一人ひとりに寄り添いながらも全体をまとめることは本当に難しく、困難の連続でした。しかし、全員でひとつの目標に向かって走り続けた後は、クラスのみんなで泣いて、全員がお互いを称賛し合いました。結果も大事ですが、それはひとつの事象であり、それまでの過程が大事であることを行事から学びました。また、クラスの役員として3年間、常にみんなの前に立ち続ける責任感や、クラスをプラスの方向へ導くために何をすればいいのかを考え続けました。その結果、今では何事にも前向きに捉えることができています。

大学では、“英語×ビジネス”を学ぶという自分なりのテーマを掲げ、大学3年時にシンガポールで現地企業の役員陣にゼミの研究結果の発表・ディスカッションを行いました。貴重な経験は大きな自信につながり、今に活かせています。私の将来の夢は、全力で社会に必要とされる人材であることです。「個」の力を今の会社でしっかりと身につけ、どの会社に行ってもどの国に行っても必要とされる女性になりたいです。 そのために、今はたくさんの壁にぶち当たりながらも、一つひとつの壁を越えて突き進んでいます。薫英は、勉強・役割・留学・イベント・部活など、自分がやりたいと思ったことに全力で取り組ませてもらえる環境を、先生や仲間が作ってくれる学校です。

おはようから始まる、友だちとの毎日

1日の流れSchedule

~8:30登校

朝8時35分のショートホームルームでの点呼・連絡から1日がスタートします。

8:45午前授業

各授業時間は50分。姿勢を正し、学んだことをしっかりノートに書き取ります。

12:35ランチタイム

自宅から持ってきたお弁当を食べたり、校内の食堂を利用することも可能です。

13:20午後授業

ランチでエネルギー補充をし、部活動を楽しみにしながら集中して学びます。

15:10清掃・終礼

生徒どうしで行う終礼が薫英スタイル。クラス全員で校内をキレイに清掃します。

16:00クラブ活動

運動部・文化部それぞれの活動がスタート。目標の実現へ毎日の積み重ねが大切です。

みんなで盛り上がる、ひとつになる、思い出づくり

年間行事School Life

4月
入学式
4月
オリエンテーション合宿(1年)
4月
体育祭
7月
修学旅行(2年)
9月
文化祭
11月
遠足
11月
球技大会
2月
送別会
4月

始業式/入学式/オリエンテーション合宿(1年)/新入生歓迎会/健康診断/実力試験進学講習スタート(3年)/体育祭

5月

中間試験/英検取り組み/生徒会役員選挙

6月

英検取り組み/芸術鑑賞

7月

期末試験/終業式/夏期講習/修学旅行(ニュージーランド/普通科)/海外短期研修(カナダorイギリス)/ニュージーランド短期留学

8月

クラブ合宿/文化祭取り組み/夏期講習/学習合宿(3年)

9月

始業式/文化祭/実力試験

10月

中間試験/英検取り組み

11月

遠足/球技大会/芸術鑑賞

12月

期末試験/終業式/冬期講習

1月

始業式/ニュージーランド長期留学出発/カナダ長期留学出発

2月

送別会/卒業式

3月

学年末試験/スポーツ・特技コース修学旅行(シンガポール)/修了式

試合に挑む、自分をみがく

クラブ紹介Club Information

仲間と汗を流したり、息を合わせたり、思い出をつくったり…。
学生時代に熱中できるクラブは、自分の「好き」を見つけるチャンスを広げます。
薫英では「マルチクラブ」を導入しており、運動部・文化部を問わず、興味あるクラブを掛け持つことができます。

自分を彩る、薫英ファッション

制服Uniform

毎日の学校生活に欠かせない「制服」はぜんぶで4種類。
清潔感と女の子らしさを大切にした薫英の制服は、デザイン性と機能性にすぐれ、春夏秋冬を快適に過ごせます。