6月20日 第1回留学説明会

2020/6/23

13時30分から中学22期生、15時30分から高校国際科31期生向けの第1回留学説明会を行いました。

まず、中学の部です。司会は国際教育部の眞鍋先生、はじめに小島教頭先生の挨拶と「留学に向けて」のお話があり、留学を経験した生徒の在学中から卒業後の現在に至る様子までの成長を伝える内容でした。

続いて、実際に中学から高校までの留学をして、現在高校2年に在籍している生徒に、国際教育部の池田先生がインタビュー形式でお話ししてもらいました。留学までにしておくことでは、「しっかり単語を覚えること、そのためにはパス単!」と強調していました。緊張していると言いながら、堂々と、そしてしっかりと後輩に伝えていました。

次に留学プログラムについて、長期留学と短期留学に分けて国際教育部の谷口先生が話され、今後のスケジュール、パスポート、メールテストとアンケートを池田先生が担当され、質疑応答では生徒への質問等に答えて終了しました。

高校国際科の部も眞鍋先生の司会で始まりました。挨拶と「留学に向けて」は小島教頭先生です。先ほどと中身をアレンジしてのお話でした。

続いて、高校の部でも実際に留学をした現3年生に谷口先生がインタビューする形でお話ししてもらいました。最初は他国から自分と同じように留学にきた生徒と仲良くなり、友達の輪を広げていったことや、ホストファミリーの優しさを語ってくれました。また、中学部の説明と同じように「大事なのはパス単を覚えること!」と強調すると、横から谷口先生が「データベースも」と突っ込むやり取りが数回ありました。

次に留学プログラムについてとニュージーランド留学、カナダ留学の各々の状況を谷口先生が話され、今後のスケジュール、パスポート、医療情報、メールテストとアンケートを池田先生が担当され、質疑応答では様々な質問等に答えて終了しました。

現在、コロナウイルス感染症により渡航ができない状況にあります。しかし、今ここで断念してしまうのではなく、可能性を模索しながらギリギリまでもがこうと思っています。また、現在、ニュージーランド、カナダにいる本校生は帰国を選ばずに現地で頑張って学びを続けています。ロックダウンを経験したり、留学に行ったのに学校に行けない時期があったりとモチベーションが下がってしまうのではと心配しましたが、わからないまま始まった遠隔授業や普段より一緒にいる時間がたくさんあるホストファミリーとの交流など、皆元気でたくましい報告書を送ってきてくれています。

これからも海外の状況及び日本の海外対策を注視しつつ、皆様に情報提供してまいります。

第2回留学説明会は保護者の皆様を対象として、8月29日の午後に行う予定です。