「薫英フェス」の準備①

2020/9/06

今年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために例年の文化祭ではなく、新たな取り組みの「薫英フェス」を行います。

文部科学省や大阪府のガイドラインに沿って、例年より規模を縮小し、内容も考えながら準備が始まりました。当日はダンス、共同制作、食品販売、ゲームなど各クラスやクラブによる発表があります。食品では保健所に相談して確認しながら進めるなど、この状況でもなんとか工夫して、みんなで協力し思い出に残る行事になるように頑張ります。

ただ、例年のような一般公開はできません。卒業生の方にもご遠慮いただきます。毎年、楽しみにされている卒業生の方には申し訳ありませんが、実施することを最優先に考えての対策ですのでご理解ください。来年は、今年の分まで2倍楽しみにお待ちください。

受験生の方には同日に入れ替え制の相談会を開催し、その時間帯のなかで少しでも雰囲気を味わい、生徒の活動をご覧いただきたいと思います。

なお、大阪モデルのシグナルが赤になるなど、状況によっては中止せざるを得ない可能性もありまが、それでも、クラスやクラブが一丸となって、ときには意見の違いをぶつけあい、まとめるにはどうするのかを考え、そして最大の課題は、コロナウイルス感染防止対策です。自分たちで対策を考えることによって、普段の生活でも意識を高めてもらいたいと思っています。

今回は、準備活動の一部をご紹介します。全員マスクは必須です(一部、作業や活動によって例外はあります)。どうしても接近するときは、会話を控え短時間を心がけています。まだ写真では表れきれていませんが、生き生きとした表情が見られ、弾んだ声が聞こえてきます。