1月5日 3学期始業式  例年より早く始まりました。

2021/1/06

 1月5日、まだお正月の雰囲気が残るなかで3学期の始業式を行いました。新型コロナウイルス感染症がおさまらないなかで今回も放送による始業式でした。

 校長先生のお話に続き、11月末にニュージーランド、カナダから1年間の留学を終えて帰国した生徒の報告がありました。中学3年生の3学期から高校1年生の2学期まで、高校1年生の3学期から高校2年生の2学期までと期間や場所は異なりますが、ロックダウンや学校に通えない時期があってもたくましく留学を続けていました。1年生クラス委員長のMさん、2年生クラス委員長のKさんとKさん、それぞれが、語りつくせない経験のごく一部を紹介してくれました。きっと皆さんの経験が自分にとっても、まわりの薫英生にとってもプラスになると思っています。

 続いて、12月に東京で行われたバスケットボールウィンターカップの報告が顧問の先生からありました。今回惜敗した相手は優勝校でした。残念ではありますが、部員はすでに次に向けてスタートしています。

 夏休みを短くして授業時間を確保してきましたが、今後のことを考えて今日から午後まで授業を行います。さあ、短い3学期ですが薫英での学校生活を楽しみましょう。

 

【校長先生のお話から】

 近畿圏で私たちが住んでいるあたりは穏やかな正月を迎えました。残念ながら新型コロナウイルス感染症は全国で拡大傾向に会います。皆さんは通常の感染症対策をしっかりおこなってください。いろいろな面で不安もあるでしょうが、何かあればすぐに先生に相談してください。
 高3生のうち、入試がこれからの人は最後まで頑張りましょう。学校全体で応援します。そして全員で卒業に向かいましょう。他の学年の生徒は短い3学期を有意義に、積極的に取り組みましょう。