高校「送別会」予告

2021/2/16

 2月20日に大阪薫英女学院高等学校の卒業式を、感染症対策をしっかり行ったうえで、挙行いたします。

 薫英では、卒業式の前に「送別会」という特別なイベントが行われます。他の学校では、「3年生を送る会」といわれることもあります。

 例年の送別会では、午前中は生徒会の進行のもと、有志による舞台発表があります。その内容は、ダンス部・バトン部・吹奏楽部・軽音部などの発表と、個人によるダンス・歌・漫才などの発表があります。とても盛り上がって、明るい雰囲気で午前中を過ごします。

 ご飯を食べた後、午後はしっとりした雰囲気で、在校生の歌からはじまります。卒業ソングを全校生徒で3年生のために歌います。そのあと、3年生の送別会実行委員会(卒業3役)の進行で、薫英の3年間または6年間をスライドムービーで振り返っていきます。感動的な雰囲気に包まれて、最後に3年生が退場するときは、感極まります。

 このように、薫英の送別会はとっても特別で、3年生が様々な思い出、薫英生活を振り返り、気持ちよく卒業できるように、また、在校生は先輩の姿を見ながら来年・再来年は自分たちも、と卒業を意識する日となります。もちろん卒業式は当然ですが、卒業式の前にある送別会もとても大きな意味を持ちます。

 しかし、今年はコロナウイルスによる緊急事態宣言下ということもあり、送別会は3年生の生徒のみで行われることとなりました。ですが、他の学年は舞台発表や歌で盛り上げることができない代わりに体育館の装飾をするなど形を変えて3年生のために準備を進めています。

 薫英ではイベントごとにテーマを決めるのですが、今年の送別会のテーマは「無限列車」となりました。もちろん今年の人気のあるアニメから、ということもありますが、「それぞれが自分らしくそれぞれの目的地に向かって進んでいく」という意味合いが込められています。

 行われる形式は違うけれど送別会に寄せる思いはいつもと一緒です。時間縮小の中でも工夫して、今年しかできない送別会を生徒たちは企画していますので、思い出に残る素敵な送別会になることでしょう。

在校生から3年生への横断幕です。

3年生から在校生への横断幕です。