TOPICS

6月9日 体育祭を実施しました

 コロナ禍でいろいろな行事が中止や縮小になるなかで、6月9日に例年とは異なりますが、感染症対策をして、できることをやろうとの考えのもと、体育祭を行いました。

 天気は良すぎるくらいで、水分補給を怠らないようにも注意しながら、競技中はマスクを外すことも可ですが、応援席ではマスクの着用を義務付けました。

 残念ながら、在校生のみで行う体育祭で、保護者の方や卒業生にもご遠慮いただきました。

 それでも、生徒たちの朝からの表情は空のように晴々として、学校行事の大切さを実感しました。

 競技が盛り上がるとつい応援に熱が入り、時々大きな声が出る場面がありましたが、お互いに注意して最後まで乗り切りました。

 競技種目も感染対策の観点から選び、午前中の実施でしたが、これまでの鬱憤をはらすかのように皆、元気いっぱいでした。

 中学、高校全員がひとつの行事に向かって活動する、すばらしい行事でした。

 入賞したクラスも、そうでなかったクラスもお互いの検討をたたえ合い、拍手で閉会式を終えました。

 来年こそ、通常の競技そして終わりのフォークダンスとやりたいと願っています。

 幸いなことに、体育祭以後も学校において新型コロナウイルスのクラスター等発生はなく、通常の教育活動を継続しています。

 普段からの皆さまの本校へのご理解、ご協力の賜物と思っています。ありがとうございました。

 

前日の夕方、明日の本番を待つ今年のテーマ

今年の新種目「宅配便リレー」で使う荷物が明日の出番を待っています

全体集合に続いて校長先生の挨拶です

双葉会(生徒会)副会長挨拶と選手代表による宣誓

新種目、愛のラケットサンド 先生方がデモンストレーション。けっこう苦戦していました。

中学の部

高1の部

 

高2の部

高3の部

新種目宅配便リレーの先生によるデモンストレーション 急ぐと崩れます

台風の目です

学年対抗綱引きです

リレーが始まりました

玉入れの前に皆で心をひとつに

表彰の様子

校長先生の講評で、互いを讃え、全員で拍手!

双葉会(生徒会)会長の挨拶

青空のもとで実施できました。