TOPICS

【薫英留学】留学実現中! 本校生は中学3年生と高校1年生が3月1日にカナダに出発し、現在も留学中です。その中の一地区BC州(ブリテイッシュ・コロンビア)の州都ビクトリアをご紹介します。(第3回)

 

 本校生は中学3年生と高校1年生が3月1日にカナダに出発し、現在も留学中です。生徒は各地の学校に分かれて学んでいます。
 今回も生徒の様子はありませんが、ブリテイッシュ・コロンビア)の州都ビクトリアをご紹介します。

 

<ビーコンヒルパークの丘から海を臨む>
 ビーコンヒルパークは海に面した広大な公園です。緩やかな丘になった園内には前回紹介したトーテムポールやローズ・ガーデンや展望台などがあります。名前は、かつてビクトリア南の海峡内を航行する水夫たちに向けた信号(ビーコン Beacon)として、丘の一番高い所にマストを設置したことに由来しているそうです。公園の南西のダグラス通りとダラス通り Dallas Rd.の交差点には、トランス・カナダ・ハイウエイの始点「マイル・ゼロ Mile Zero」(前回紹介)の標識があります。海の向こう、対岸はアメリカワシントン州です。

 

<お店の貼り紙>
 9月13日以降、BC州発行のワクチン接種証明書がなければ屋内のレストランへ入れなくなりました。接種証明書はQRコードで送られてきます。その画面を見せると店はスキャンして名前と接種日を表示します。そのデータと写真付きのIDと照合して確かめるという仕組みです。

貼り紙例①「入店時に予防接種パスポートと身分証明書をご用意ください」

 

貼り紙例②「予防接種の証明が必要です」

 

 店舗ではお客様の立ち入り人数を制限しています。スーパーマーケットでは入り口で防弾ベストを着用した体格のいい「セキュリティー」の人が、入店者がマスクを着用しているかどうかと、入店人数をチェックしています。許容人数を超えると店の前で待たされます。

「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の蔓延を防ぐのに役立ちます。COVID-19を引き起こすウイルスへの曝露のリスクを減らすために。 このスペースの人数制限を制限しています。」

 

 その他にもテイクアウトのコーヒーを買い求める人の列では、2mの間隔を開けることが求められています。エレベーターは箱の中に入れる人数の制限が厳しいです。多くて2人まで。最も厳しいところでは「1人もしくは家族」という制限です。
 一方、屋外を歩く人のマスク着用はかなり少数です。街を歩く人が日本と比べると少ないので、距離が取りやすいというのもあるのでしょう。他の人とすれ違う時や追い越す時などは、日本以上に距離を取っています。
全体的に「合理的」な感じがします。

 

<町の中にあるイギリス風の建物>
おしゃれな建物が多くあります。