10月30日 学年ごとに遠足を実施しました。

2020/11/12

10月30日(金)に中学校は全員で、高校は1,2年生とスポーツ特技コース別に遠足が行われました。

それぞれに行く場所や内容を工夫し、もちろん感染症対策をして、様々な場所へ出かけました。

 

中学生は、大縄跳びの練習の成果を発揮すべく、舞洲運動公園で大縄跳び大会やレクレーションが行われました。クラスの3役を中心にそれぞれのクラスが練習をし、生徒自らが運営をしました。

お昼ご飯、例年はバーベキューをするのですが、今年は残念ですが自粛! その後、海遊館へ見学に行きました。

みんなで計画したり、取り組む思い出がまた一つできました。

 

高校1年生は、バスで奈良まで行く小旅行でした。

奈良の大仏を見てきました。やはり実物は大きく、迫力がありました。観光客はまだ多くなく、鹿にも餌を与える人が少なくてお腹がすいていたのか、エサを持っているとすぐに集まってきました。

お昼ご飯は、フレンチを堪能。普段の昼食よりちょっと豪華にとっても美味しくいただきました。

午後は、班で分かれて奈良の街を散策しました。ここでもまだ観光客は多くはなく、コロナウイルスの影響を感じました。そんなに遠い場所ではないので個人でも行けますが、やはり友達といっしょに歩く、これが最高です。

 

また、スポーツ特技コースのみんなは京都市内への遠足でした。オリジナルの「おたべ」を作り、楽しそうでした。中にはとっても芸術的なおたべもでき、食べてしまうのがもったいないくらいでしたが、生ものですので泣く泣く食べて帰ってきました。

 

高校2年生は京都、と言っても少し北部へ行きました。

保津川下りをし、嵐山散策という内容です。JR亀岡駅での集合に、ちゃんと来れるだろうかと心配の声がありましたが、皆集まることができました。川下りでは、自然に囲まれ船に乗り、とてもいい経験になりました。急流もところどころにあり、少しスリルのある体験もできました。この時期、紅葉にはまだ早く、山は緑でした。もう少ししたら両側の山は赤や黄色に色づき景色が様変わりするのでしょうね。

午後は、自分たちが事前学習で考えていたコースによる嵐山の散策。例年のこの時期には人、人、人の嵐山も今年はそれほどではなく、計画通りにコースを回ることができました。このように友達と過ごす時間はとても大切な思い出になったでしょう。

 

できる行事が少ない今年度、1年の半分以上が過ぎた中で、各学年ごとに工夫し遠足を実施することができました。現地の皆さまのご理解、感染防止策の徹底など多くのご協力をいただきました。また、保護者の皆さまにも遠足の実施について、ご心配がありながらもご理解をいただきました。生徒みんなが周りの方々に感謝の気持ちを持ちつつ、良い思い出のひとつになりますように。

 

なお、高校3年生は学校で通常授業でした。