TOPICS

お知らせ

【陸上競技部】インターハイ近畿大会 1500mおよび3000mで優勝! そして2位も薫英

 6月16日から19日までの4日間、奈良県奈良市ロートフィールド奈良(鴻ノ池陸上競技場)でインターハイ近畿大会(正式名称は、第75回 近畿高等学校陸上競技対校選手権大会2022(インターハイ予選)・全国高等学校陸上競技対校選手権大会 近畿地区予選会)が開催されました。
 その結果、

女子1500m決勝
 優 勝  水本 佳菜 (3年)  4分18秒44
 第2位  塚本 夕藍 (1年)  4分23秒14

女子3000m決勝
 優 勝  水本 佳菜 (3年)  9分05秒03
 第2位  薮谷 奈瑠 (3年)  9分14秒82

でした。
 女子1500m、3000mともに上位1,2位を占めました。エースの水本佳菜さんは独走で2種目優勝、3000mは2連覇を達成です。3000mの9分05秒03は、今季日本人選手で1位の好記録です。
 おめでとうございます。湿度と暑さが増してきた時期での大会でコンディションの維持が大変だったでしょうが、3人だけでなくチーム全体で取り組んでいる努力の結果が表れています。
 チームのうち上記3名は2種目で連続出場を継続している全国インターハイ(徳島県開催・8月3日~7日)に出場します。今年も出場者全員、全国インターハイでの活躍が期待できます。
 引き続き、学校全体で応援していきますので、次の全国大会に向けてがんばってください。
 この記事をご覧の皆さま、陸上ファンの皆さま、これからも応援をよろしくお願いいたします。

 YouTubeで当日の活躍が紹介されています。ご覧ください。
◎薫英がワンツー!女子1500m決勝 近畿インターハイ2022 ⇐ クリック