中学校

自分も周りも学校も
「好き」になる

薫英メソッド「好き」が見つかる教育プロセス

「KUN+EI教育」が目指すのは、自分の「好き」を見つけた生徒一人ひとりが夢を叶え、卒業後も笑顔で人生を過ごしていけることです。
さまざまな取り組みが融合して、未来の糧となる「熱中力」を育む、薫英ならではの教育プロセスを「薫英メソッド」と呼んでいます。

薫英での学び
薫英での学び
自分の「好き」を見つけ、未来へ羽ばたく
合言葉は、ひとりで勉強しない

薫英CLCommunication Learning

薫英CL

生徒同士で学び合う、
新しい世界のトビラを開く、
双方向の薫英CL

先生の授業を一方的に聞いて学ぶのではなく、同じクラスの仲間や同じ目的を持つ仲間との「会話」を大切にしながら学習を深めていきます。設定したテーマや問題について語り合いながら、解決へと導いていく学習スタイルが「薫英C L 」です。自分で考えるから、一緒に考えるから、進学後や社会に出てからのチカラが備わります。

「教えてもらう」だけじゃない、
主体的に「学ぶ」ための手法
Kun-ei English

「使える英語」を身につける

薫英の英語学習は、「英語を学ぶ」にとどまらず「英語で学ぶ」がテーマ。基礎をしっかり身につけて、反復しながら、英語を使ったコミュニケーション力や課題解決力までを養います。

Kun-ei English
アクティブラーニング

プレゼンテーションなどを取り入れた積極的・能動的な学習

ペアワーク等

ペア・グループになって生徒どうしで教え合い

班学習

テスト対策も生徒どうしで教え合い

毎日の書き込み習慣「学習カード」

「どの教科」に「どのくらいの時間」をかけたのか、どんな課題や成長があったかを記録します。学びの積み重ねの記録として、担任の先生と共有します。

学習ノート
Knowledge(知識)
テーマについての知識を深める
Understanding(理解)
ディベートの方法を理解する
Nature(本質)
ディベート本来の目的を捉える
+
Experience(体験)
発表の場で実際に言葉にする
Interest(興味関心)
テーマについてより深い興味が湧く
自分の「好き」と、
もっと向き合う

薫英ICTInformation and Communication Technology

ICT学習

ICT学習

「調べる」「 深める」「 共有する」 薫英のICT学習

パソコン、タブレット、スマートフォンの使用と活用が当たり前になった時代。教育現場にも、ICT(情報通信技術)を導入した“新しい学び方”が当たり前になっています。薫英が目指すのは、「ICT教育」ではなく「ICT学習」。便利な端末や技術を実際に使って学ぶ生徒が主体となる「学びの場」を創出します。

「好き」が育つ、もっと「好き」になる。

「好き」が育つ、もっと「好き」になる。

薫英のICT学習は、ただ便利な機材を使って学ぶことではありません。自分自身の「好き」が見つかった時、授業中に興味を持った何かが見つかった時、熱中して知識を深め、それをどんどん「好き」になるための手段としています。そして、その学びや知識をみんなと共有したり、全体に発表する場面で大いに役立ちます。自分の「好き」の幅を広げるために、ICT学習を積極的に取り入れています。

Knowledge(知識)
一斉学習による教材提示
インターネットによる情報検索・収集
Understanding(理解)
自分の習熟に応じた個別学習展開
Nature(本質)
自分がわかるまで自分で学習
+
Experience(体験)
協働学習を通して複数の意見・考えを整理
Interest(興味関心)
21世紀型スキルへの興味・探求
仲間がいるから、
安心できる

先輩の声senior’s Voice

薫英の中高一貫教育は、いろんな「好き」や「やりたい」が見つかる、とっておきの6年間になります。
中学の『国際・進学コース』から、自分の未来を見据えて、高校のそれぞれのコースを選択した先輩たちが語る“薫英のいいところ”をご紹介します。

VOICE 01
勝間田 菜那さん
将来の夢を叶えるために、1年間の留学を決意
勝間田 菜那さん

進学か留学かで悩みましたが、外交官やCAなど英語を使った仕事がしたいという将来の夢を叶えるため、「留学」を選びました。ニュージーランドのパーマストンノースで現地の方と交流を深めることができた1年間を通して、英検への関心も強くなりました。帰国後の英検の勉強は大変ですが、みんなで団結しながら頑張っています。これからも異文化に触れ、いろんな国のことを知っていきたいです。

VOICE 02
平井 美帆さん
テストの点数UPにもつながった、3ヵ月の短期留学
平井 美帆さん

もともと海外留学に興味があり、3ヶ月間の短期留学を選びました。まだ話すことは苦手ですが、留学を経験したことでリスニングの能力は上がり、テストや検定の点数も良くなりました。英語進学コースは、他のコースより英語の授業が多く学べます。生徒会副会長の役目を頑張りながら、英検準1級の取得を目指しています。

VOICE 03
丸石 結友さん
英検も漢検も生徒会活動も、このコースなら
丸石 結友さん
中2から始めた生徒会活動を続けたくて、留学は大学生になってからの目標と決め、勉強も両立できる文理特進コースを選びました。英検だけでなく、漢検の取得にも熱心で、英語以外のたくさんの教科が学べることが魅力です。もとから「英語は好きな方」と思っていましたが、薫英に来て「やっぱり英語が好きだ」と実感しています。
自分を変える、世界が広がる、
「薫英留学」へ出発する

薫英留学Study abroad

英語教育が魅力の薫英には、1988年から始まった1年間の留学制度があります。これまでに延べ4,400人以上の生徒が留学を経験し、グローバル社会で活躍するチカラを身につけてきました。異文化圏の生活の中で英語でのコミュニケーション能力を高め、1人の女性としても成長します。

Knowledge(知識)
単語や熟語の基礎力をつける
Understanding(理解)
英語で「なにを言ってるのか」が分かる
Nature(本質)
海外の文化や習慣を学ぶ
+
Experience(体験)
実際に海外の現地の人と交流する
Interest(興味関心)
日本文化との違いを実感する
カナダ
ニュージーランド
出発から帰国まで
“ずっと安心” できる
充実の「サポート体制」

薫英の留学プログラムは、初めて海外で生活し、現地の学校に通う生徒の「安心」を叶えるサポート体制が充実しています。経験豊かなホストファミリー、直接提携する50以上の姉妹校への派遣、現地に滞在している日本人女性アドバイザーとの連携など、日本の担任と相互連携が取れる体制を築いています。

薫英留学
オンライン研修

出発前、本校専属の現地日本人アドバイザーによる
オンライン研修を実施(2020年度)

姉妹港の先生が来日

姉妹校から先生が来日して、
生徒と直接コミュニケーションをとり、
留学への不安を解消(2019年度)

留学ノート
海外で学んだ証「留学ノート」

この「真っ赤なノート」は、薫英の歴代留学経験者の記憶に必ず残っているアイテム。
青春時代の1年間を、海外の学校で“生の英語“に触れて学んだ記憶が詰まっています。

4,400人以上が海を渡った、伝統の「薫英留学」
かけがえのない経験が自信になる
CASE 01
長期留学
滞在先:ニュージーランド(2020年度はカナダ)
滞在期間:約1年 対象学年:中3~高1

希望制で1年留学を選択した生徒は、中学3年次の3学期から約1年間、長期海外留学に向かいます。

CASE 02
短期留学
滞在先:ニュージーランド
滞在期間:約3ヶ月 対象学年:中3

希望制で3ヶ月留学を選択した生徒は、中学3年次の3学期にニュージーランドへ約3ヶ月の短期海外留学へ向かうことが可能です。

留学体験談

住み慣れた日本から旅立ち、親や友達から離れて過ごす海外での留学生活。
滞在期間の長期・短期を問わず、英語力UPや将来の糧になる貴重な経験が必ず得られます。

VOICE 01
土田 菜々子さん

まちがいを恐れずに、やりたいことを精一杯

土田 菜々子さん 国際科
滞在先:ニュージーランド 期間:1年間

「自分一人での生活がどこまでできるか挑戦したい」と、留学しました。学んだのは「積極性」です。日本では自分から話しかけることが得意でしたが、NZで友だちを作るのは言語の壁もあり大変でした。意見を常に求められたり、英語の細かいニュアンスが伝わりづらいことも多く、苦しい時もありましたが、もがきながらも頑張りました。まちがいを恐れず、やりたいことを精一杯する大切さを教わった1年を過ごし、帰国直前の授業で友だちからチョコとメッセージカードをもらった時は、とても嬉しかったです。

VOICE 02
宮本 若奈さん

新しい考え方が身につき、前より充実した学校生活

宮本 若奈さん 国際科
滞在先:ニュージーランド 期間:1年間

日本での「当たり前」に慣れていた私は、留学先で国や文化の違う友だちと会話をする中で、とても新鮮な気持ちになりました。日本では自分が少数派の意見の時、「私が少しおかしいのかな?」と思うこともありましたが、留学を通して「それぞれの考え方だからいいんだ」と思えるようになりました。今までと違う新しい考え方を身につけたことで、留学前よりも充実した学校生活を送っています。視野が広くなり、考え方が柔軟になった1年間の留学は、私にとっては「もう一つの日常生活」です。

今より輝く私を目指す

Kun-ei検English qualification

英検の取り組み
中学卒業時、100%の生徒が
「英検3級」に合格
(2020年度実績)
Point 01

リアルな英語に触れる
ネイティヴ教員の授業を展開

Point 02

30年以上続く留学プログラムで
英語漬けの環境を経験

英検の取り組み

薫英には、毎日の授業はもちろんのこと、ネイティヴ教員による少人数制のオーラル授業で英語を本格的に学べます。
また、30年以上続く留学プログラムにも力を入れており、英語漬けの環境の中で実践的な英語力を高めることが可能です。
成績の向上だけではなく、英検合格・TOEICのスコアUPなどの力が身につきます。

Knowledge(知識)
単語や熟語の基礎力をつける
Understanding(理解)
文章の理解力を上げる
Nature(本質)
問題への対応力をつける
+
Experience(体験)
過去問を繰り返して合格率UP
Interest(興味関心)
試験を重ねて次の目標を定める
英検3級以上の取得率
英検1級合格
セキララトーク
大原 春奈さん
国際科大原 春奈さん(大阪薫英女学院中学校卒業生)
辻田 羽菜さん
国際科辻田 羽菜さん(大阪薫英女学院中学校卒業生)
「英語は日本語と同じ会話の手段だから、
「好き」とか「嫌い」とかはありません。」
01薫英を受験したきっかけは?
大原
お母さんに「これから英語が必要になるから、いろいろな経験ができる留学に行ってほしい」と言われたのがきっかけです。
辻田
お母さんなんだ。私は、留学できることはもちろんだけど、「中高一貫で高校受験がないからいいんじゃないか」と塾の先生にすすめられたからでした。
02ニュージーランドの留学で得たものは?
辻田
英語の面では「スピーキング」の力がつきました。TVのニュースなど、生活の中で新しい単語などを聞いて、自然に使えるようになっていましたね。
大原
すごいシャイだったけど、殻が破れて社交的になりました!あと、英語を聞く力が上がったことが一番の成果で、英検一級のリスニングにも役に立ちました。
03英検取得の取り組みで頑張ったことは?
大原
単語が苦手だったので、過去問で分からなかった箇所の復習をたくさんしました。ひたすら復習って感じです。
辻田
わかる!!やっぱり単語が一番大変。英検一級って、政治的な問題とか専門用語ばかりでてくるので、単語力が試されますから。
04薫英の英検の取り組みでためになった点は?
大原
二次面接対策は本当に助かりました。ネイティヴの先生が1対1で毎朝やってくれて、的確なアドバイスをもらえました。どこが良くてどこが悪いのかを評価してくれたことで、自信にもつながりましたね。
辻田
私は学校の取り組みは受けずに、自分で勉強してきました。ただ、友達から「単語リレー」がすごく役に立ったとよく聞きました。
05英語は好きですか?
大原
小学校の頃は無関心でしたけど、中2の頃から英語の成績が良くなってきて、「もしかして、英語が得意なんかな」って思えるようになりました。ただ、好きか?と聞かれたら…(笑)
辻田
言いたいことは分かるよ(笑)もう、好きとか嫌いでは捉えてなくて、日本語と同じ会話のツールだと思っています。意思疎通としての手段だと思ってからは、なんの抵抗もなく、英語を受け入れることができました。
06薫英の「いいところ」は?
辻田
先生と生徒の距離が近いところですね。心配ごとや悩んでることがあったら、すぐに相談しています。
大原
私も先生にすぐ相談します。わからない問題とか毎日の授業の学習面も気軽に聞きに行けることは、薫英の一番いいところです。
19年連続英検1級合格
19年連続英検1級合格
「楽しく英語を学ぶ」
学年の壁を越えた英検の取り組み

英語4 技能をさらに強化するため、学校行事の一環として外部検定への取り組みを実施しています。生徒それぞれの目標を設定し、みんなで一丸となって英検対策講座を行うことで、圧倒的な語彙力を身につけることができます。大学受験などの目指す到達点と課題を明確にしながら、検定試験に向けた対策を講じています。

自分の力をとことん伸ばす、
6年間の一貫教育

コース紹介Course Information

国際・進学コースは、6年間の一貫教育のスタートとして、楽しく学びながら、「伸びる・伸ばす」教育を中心としたカリキュラムを組んでいます。

コース紹介

国際・進学コース

本格的な英語に初めて触れる生徒が多いからこそ、「話す・聞く・読む・書く」の基礎である英語4技能を、アクティビティなどを通して楽しく学びます。

ポイント
国際・進学コース
前を向いて卒業後も突き進む

進学実績Achievements

国公立大学や難関私立大学への希望進路の実現

薫英では、国公立大学や早慶上智・関関同立などの難関私立大学をはじめ、歯・薬・看護系や外国語系大学に至るまで、幅広い進路実現を果たしています。
大学・短期大学・専門学校250校・約920名の指定校推薦枠をはじめ、併設校(大阪人間科学大学)への内部推薦制度も充実しており、一人ひとりの希望進路を実現しています。

国立大学6
神戸大学 信州大学
滋賀県立大学 京都府立大学
大阪市立大学 北九州市立大学
関東難関私立大学7
上智大学4 国際基督教大学1
明治大学1 立教大学1
関関同立80
関西大学20 関西学院大学26
同志社大学6 立命館大学28
産近甲龍111
京都産業大学18 近畿大学63
甲南大学2 龍谷大学28
外国語大学80
京都外国語大学33 関西外国語大学47
4年制女子大学35
京都女子大学9 同志社女子大学9
神戸女学院大学7 武庫川女子大学10
過去の合格実績(2012~2020年度入試)
国公立大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 岡山大学
  • 滋賀大学
  • 鳥取大学
  • 国際教養大学
  • 東京外国語大学
  • 大阪市立大学
  • 大阪府立大学
  • 京都府立医科大学
  • 大阪教育大学
  • 京都教育大学
  • 神戸市外国語大学
  • 奈良女子大学
難関私立大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 上智大学
  • 国際基督教大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • 関西医科大学
  • 大阪歯科大学
  • 立教大学
  • 近畿大学
  • 甲南大学
  • 京都産業大学
  • 龍谷大学
自分の未来のために、
寄り添ってくれる嬉しさ

進学・学習サポートSupports

進学・学習サポート
6年間のキャリア教育と教師陣の手厚いサポート

薫英の高い進路満足度の秘密は、6年間を通して行われるキャリア教育と将来を見据えたベストな進路選択を見守る教師陣の手厚いサポートにあります。
日々の学校生活の中で礎を築き、幅広い分野で活躍する数多くの卒業生を毎年輩出しています。

6年間寄り添う学習サポートの流れ
毎年多くの生徒を国公立・難関私立大学に導いている薫英だからこそできる支援体制
中1
毎日の生活習慣や
勉強習慣の確立

次のステップへの基本となる生活習慣や勉強習慣を整えます。

中2
自己理解を深める
/検定対策の充実

自分自身の学力や適性の理解を深め、検定への対策を強化します。

中3
希望進路面談(コース選択)
/長期・短期留学準備

本人の希望する進路に合ったコース選択と、留学に向けての準備を行います。

高1・2
希望進路の実現に向けた
基礎力の構築

卒業後の希望進路を叶えるために、地道にレベルアップを図ります。

高3
Jトレーニング・
大学進学ゼミ

薫英独自の大学進学指導を行い、進学に向けての自信をつけます。

薫英ならではの充実した進学サポート
希望する進路を叶えるために、身近な教師陣が6年間を徹底サポート
SUPPORT 01
進路相談

生徒一人ひとりの個性を活かしながら、未来を描ける進路を選択できるよう、「個人面談」や「学習アドバイス」を重ねます。

SUPPORT 02
各種検定講習

英語検定 ・漢字検定・数学検定などの取得に向けて講習を行います。課題を一歩ずつクリアしていく達成感を自信に変えます。

SUPPORT 03
大学進学ゼミ

生徒それぞれの学力や志望校に合った演習を実施し、確かなスキルアップと学力のレベルアップを図ります。

SUPPORT 04
Jトレーニング

大学受験に打ち勝つためには、学んだ知識や解法を「使いこなす力」が必要です。受験を見据え、実践力を養成します。

指定校推薦一覧(2021年度入試)
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学/立命館アジア太平洋大学
  • 上智大学
  • 明治大学
  • 立教大学
  • 近畿大学
  • 甲南大学
  • 摂南大学
  • 龍谷大学
  • 大和大学
  • 京都外国語大学
  • 関西外国語大学
  • 同志社女子大学
  • 京都女子大学
  • 武庫川女子大学
  • 神戸女学院大学
  • 甲南女子大学
  • etc…
おはようから始まる、
友だちとの毎日

1日の流れSchedule

~8:30登校

朝8時35分のショートホームルームでの点呼・連絡から1日がスタートします。

8:45午前授業

各授業時間は50分。姿勢を正し、学んだことをしっかりノートに書き取ります。

12:35ランチタイム

自宅から持ってきたお弁当を食べたり、校内の食堂を利用することも可能です。

13:20午後授業

ランチでエネルギー補充をし、部活動を楽しみにしながら集中して学びます。

15:10清掃・終礼

生徒どうしで行う終礼が薫英スタイル。クラス全員で校内をキレイに清掃します。

16:00クラブ活動

運動部・文化部それぞれの活動がスタート。目標の実現へ毎日の積み重ねが大切です。

みんなで盛り上がる、
ひとつになる、思い出づくり

年間行事School Life

4月
入学式
4月
オリエンテーション合宿(1年)
4月
体育祭
6月
修学旅行(3年)
7月
サマーキャンプ(2年)
9月
文化祭
1月
スキー合宿
1月
中学送別会
4月

始業式/入学式・新入生歓迎会/健康診断/オリエンテーション合宿(1年)/体育祭

5月

中間試験/校外学習

6月

沖縄修学旅行(3年)/芸術鑑賞

7月

期末試験/終業式/文化祭取り組み/イングリッシュキャンプ(1年)※/サマー/キャンプ(2年)/カナダ短期研修

8月

夏休み/文化祭取り組み

9月

始業式/文化祭

10月

英検取り組み(2年&3年)/ 中間試験/ハロウィンパーティ

11月

校外学習/芸術鑑賞

12月

期末試験/終業式

1月

始業式/英検取り組み(1年)/中学/送別会/スキーキャンプ(1年&2年)/中学出発式/ニュージーランド留学

2月

全校送別会/作文コンクール

3月

学年末試験/卒業式/修了式

※イングリッシュキャンプは、1年生の夏に1泊2日で、その間の学習プログラムすべて英語で行うキャンプです。
ネイティヴ教員や英語教育の専門家による親身で専門的な指導で英語に慣れ親しむことができ、英語学習への意欲を高めています。

「好き」が見つかった、
薫英での6年間

OG紹介Senior Voice

卒業後にも活かされる留学体験
英語力と自己表現力が私の強み
進学先 慶応義塾大学 法学部 法律学科
福原 ひよりさん
2015年卒業(現:国際科 国際・進学コース)
就職先:三井物産株式会社 フィナンシャルマネジメント第一部鉄鋼製品FM室

「比較的早い時期に長期留学が経験できる」ことと「一人で勉強しない」というメッセージを説明会で耳にした時、強く心に響いたことが入学のきっかけです。今でも忘れられない薫英での思い出は、何度も練習を重ねて文化祭のダンスを完成させた時の感動や達成感です。ニュージーランドへの長期留学では、英語力だけでなく、知らない土地で現地の人々と関わる経験を通じて、自己表現力を培うことができました。その経験が就職活動の自己PRにも活かされたと思います。進路選択では、先生方に親身に寄り添っていただいたことで、結果的に一番行きたいと思える大学を選択できました。常に仲間と一緒に学ぶことができたので、辛い受験の日々も諦めることなく、むしろ楽しんで勉強することができました。

大学では、教育系スタートアップ企業でのインターンシップとフィリピンでのボランティア活動を通して、自分の可能性を広げることに努めました。さまざまなセミナーを聞いたり、現地の子ども達向けの職業体験イベントや就職サポートを行ったり、ゼロから物を作ったりと、本当に貴重な経験ができました。薫英の魅力は、問題があっても自分たちで話し合い、解決に向けて取り組む経験が学校生活の中に組み込まれていることです。勉強だけでなく、社会人になっても通用する人間関係を構築する力や課題解決能力を得ることができたことは大きな財産です。 将来的には、海外の関係会社にCFOやマネジメント層として出向し、働くことが目標です。

目標に向かって充実した毎日
「がんばる姿」を応援してくれる学校
進学先 大阪教育大学 教育学部
グローバル教育専攻英語コミュニケーションコース
菅野 涼さん
2020年卒業(現:普通科 文理特進コース)

姉の影響で薫英の受験を決めました。実際の学校生活は、女子校でしか経験できない楽しさがあり、自分達で声を掛け合いながらクラス全員でがんばる方針で、私にはピッタリな学校でした。高校は「文理特進コース」に進み、大学進学に向けて3年間勉強しました。充実した毎日の中でも一番の思い出は、五科クラブ(学習クラブ)の合宿です。「限界まで勉強してみる」という経験はその日しかできない貴重な時間だったと思います。わからないことを先生方にたくさん質問しましたが、いつも親身になって指導してくれたので、くじけそうな時もがんばることができました。夕食時には、先輩のお話を聞かせていただくことで、受験生活の心の支えになりました。大学では体操部に入部し、週5で活動しています。初心者なのでわからないことばかりですが、次第に多くの技ができるようになってきました。

今の目標は、体操の公式戦に出ることです。また、秘書検定の資格を取得するための勉学にも励んでいます。薫英の魅力は、ネイティヴの先生がたくさんいらっしゃるため、本格的な英語を学べることです。また、ニュージーランドからの留学生も毎年来てくれ、外国の友達と共に学び合うことができる環境も嬉しいです。薫英は、自分が「がんばりたい」と思うことに取り組むことができ、それを応援してくれる仲間がいて、努力してる姿をきちんと見てくれる先生がいる場所だと思います。

試合に挑む、自分をみがく

クラブ紹介Club Information

仲間と汗を流したり、息を合わせたり、思い出をつくったり…。
学生時代に熱中できるクラブは、自分の「好き」を見つけるチャンスを広げます。
薫英では「マルチクラブ」を導入しており、運動部・文化部を問わず、興味あるクラブを掛け持つことができます。

自分を彩る、薫英ファッション

制服Uniform

毎日の学校生活に欠かせない「制服」はぜんぶで4種類。
清潔感と女の子らしさを大切にした薫英の制服は、デザイン性と機能性にすぐれ、春夏秋冬を快適に過ごせます。